Header Image
  • Print
  • Share

監査法人ガバナンス・コードへの対応状況

2017年3月31日に金融庁より「監査法人の組織的な運営に関する原則」(監査法人のガバナンス・コード)が公表されました。 同原則は、5つの原則から構成され、経営機能を強化し、監査品質の向上や社会からの信頼を高めることを目的として監査法人に対し適用を求めているものです。 優成監査法人は、ガバナンス・コードにおける5つの原則を採用し、実効的な組織運営の実現、組織基盤の健全な成長発展、人材の育成を重点目標と定め、 品質管理のPDCAサイクルを運用し、会計監査品質の持続的向上に取り組んでおります。